レーシック

現代社会で生活する人々にとって、視力の低下は避けられないのかもしれません。子供の頃は、 目が良かったのに大人になって眼鏡やコンタクトレンズの世話になる方も多いでしょう。

裸眼で、生活するなんて考えられないとあきらめるのは、ほんの数年前の話。
今では「レーシック(LASIK)」と呼ばれる、視力矯正方法があります。名前だけでも、聞いたことがある方 がいると思います。日本ではまだまだこれからだと思いますが、アメリカでは一般的にレーシック(LASIK)が行われているようです。

また、すでに多くの有名人・芸能人が、レーシックのおかげで視力が回復したようです。
特に、スポーツ選手の割合が高いです。

神戸クリニック

レーシックの手術方法

まず、手術の前に点眼薬で麻酔します。それから角膜の表面を削りフラップをつくります。このフラップをめくり、そこにレーザーを照射して近視や乱視を 治します。元の位置にフラップを戻し、自然に接着させます。

手術は痛みもなく、時間は両眼で10〜15分で済むそうです。
それから、失明の危険性について心配する人がいますが、 レーシック(LASIK)は角膜の表面に行う手術なので失明の恐れは全くありません。


レーシックを受けるには?

レーシック(LASIK)は、全員が受けられるとは限りません。中には角膜の形状などにより、手術の適応外になるケースもあるようです。
まずは適応検査を受けて、レーシックの手術が受けれるかどうかを調べてもらう必要があります。

また、神戸クリニックではレーシックの無料説明会を定期的に実施しています。軽食付で、レーシック体験談のDVDプレゼント、しかも適応検査の優先予約ができる 特典があります。
レーシックの体験者による説明や、クリニックのドクターやスタッフに気軽に質問できます。

レーシックに興味はあるけど実際、クリニックまで足を運ぶのは不安だと思う人は、まずはこの無料説明会に参加してみてはどうでしょうか?

神戸クリニックの無料説明会は、全国にある5つの会場で実施されていますが定員になると締め切りになってしまうので申し込みはお早めにどうぞ。

  • 神戸会場(三宮)
  • 東京会場(新宿)
  • 大阪会場(梅田)
  • 北海道会場(札幌)
  • 北九州会場(小倉)

手術後の保障

レーシック(LASIK)で、無事に視力を取り戻しても手術によって合併症になったり、またすぐに視力が低下したり、万が一の場合があっても心配ありません。

神戸クリニックでは生涯保障(トータルケアサービス)として、「手術後の定期検診」、「視力回復保障制度」、「角膜移植保障制度」の3つのサービスを提供しています。

神戸クリニック

当サイトは、レーシックについての情報を発信し、レーシックに関心を持っている方に対して有益と思われる情報を提供することを目的としております。

英会話教室INFOは神戸クリニックの提携アフィリエイトサイトです。


topへ戻る